胃腸内科について

胃炎・逆流性食道炎・腸炎・便秘・下痢・過敏性腸症候群などの胃腸の病気の他、肝機能障害・胆石・膵炎などの肝臓・胆嚢・膵臓の病気に関して専門的な診療を行います。内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)、超音波(エコー)、CTなど最新の医療機器で各種消化器がんの早期発見に尽力します。胃がんの原因として有名なヘリコバクター・ピロリ菌に関する相談も承ります。

このような症状はご相談ください

  • お腹の調子が悪い(腹痛、胃もたれ、吐き気、お腹が張る など)
  • 胸やけ、胸の灼熱感、胃酸が上がる
  • 便秘
  • 下痢
  • 血便、検診便潜血陽性
  • 食欲不振、体重減少
  • 肝機能異常

胃腸内科の主な対象疾患

  • 逆流性食道炎
  • 食道カンジダ症
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • ピロリ菌感染症
  • 機能性消化管障害
  • 感染性胃腸炎
  • 急性腸炎
  • 便秘症
  • 下痢症
  • 過敏性腸症候群
  • クローン病
  • 潰瘍性大腸炎
  • 脂肪肝
  • 急性肝炎
  • 慢性肝炎
  • 肝硬変
  • 胆石
  • 胆嚢炎
  • 胆嚢ポリープ
  • 急性膵炎
  • 慢性膵炎
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 十二指腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 肝がん
  • 胆嚢がん
  • 膵がん など

逆流性食道炎

胃液や胆汁が何らかの原因で食道に逆流し、食道の粘膜が炎症を起こします。胸やけ、酸味を感じる等の症状を伴い、重度の場合は食道潰瘍と診断されます。原因は肥満やお酒・煙草、ストレスなどとされています。逆流性食道炎は再発しやすく、普段から適度な運動や食後すぐに横にならないなどの正しい生活習慣を心がけることが大切です。

急性胃炎

急性胃炎とは、胃粘膜に急性の炎症を起こした状態で、胃部不快感などをともないます。原因は、消炎鎮痛剤などの服薬や飲酒、ストレスなどが考えられます。症状に合わせた薬を服用するとともに、原因を取り除くことが重要です。

慢性胃炎

胃炎が長期間くり返し起こることで粘膜が変化してしまった状態です。時に胃痛や胸焼け、腹部膨満感、吐き気、ゲップなどの症状が生じます。胃粘膜の状態に応じて治療を行い、胃酸の分泌を抑える薬や胃腸機能を調整する薬が用いられます。ヘリコバクター・ピロリ菌が原因の場合は除菌療法を行います。

胃・十二指腸潰瘍

ストレスによる胃酸過多やヘリコバクター・ピロリ菌、非ステロイド性抗炎症薬などが原因で胃や十二指腸の粘膜が傷つけられ、粘膜や組織の一部がなくなる疾患です。腹痛が主な症状ですが、重症化すると出血(吐血)や胃に穴が開く(穿孔)ことがあり、放置すると非常に危険です。薬の服用などで治すことが出来ますので治療することが大切です。

ピロリ菌感染症

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)感染症は胃・十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃MALTリンパ腫、胃がん、胃過形成性ポリープだけでなく、特発性減少性紫斑病や慢性蕁麻疹、鉄欠乏性貧血などの消化管外疾患にも関連しています。特に胃がんは、原因のほとんどがピロリ菌とされています。内視鏡検査などでピロリ菌を調べ、陽性の場合は除菌治療を行います。

診療科目
内科・胃腸内科・糖尿病内科・放射線診断科
所在地
〒861-8003
熊本市北区楠6-1-1
アクセス
電車:JR「武蔵塚駅」より車で3分(約870m)
バス:熊本電鉄バス「楠5丁目停留所」より徒歩2分
…外来 …8:30-12:30
休診日…木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
診療受付時間 日祝
8:30-12:00
14:30-18:00
map